属人性の高いスプレッドシートからTestRailへ移行したbitFlyerのインタビュー

bitFlyer様では社内の開発プロジェクトにてテスト管理ツール TestRail をご利用いただいています。この度、社内での TestRail ご利用経験を踏まえたインタビュー記事が掲載されました。

リスクベースの「テスト」で金融業界最高レベルの品質保証を目指すbitFlyer
ソフトウェアやサービスのテストケースやテスト結果の管理にスプレッドシートを用いることがある。だが、このような管理ではテスターによる属人性を排除することが難しく、開発規模が拡大するにつれ、情報がうまく管理できなくなっていく。スプレッドシートによる運用を止め、テスト管理ツールを導入した企業の事例を紹介する。

bitFlyer様は業界大手の暗号資産取引所を運営されています。日本だけではなく、米国や欧州などワールドワイドでサービスを展開されているため、日本での機能実装だけでなく、国際化のためにファンクションテストや、各国で文化、法律面も考慮したローカリゼーションテストを実行されています。

そのため、数千というテストケースが存在し、その管理に苦慮されていました。インタビュー内ではそこからテスト管理ツールの導入に至った経緯を含んだ、以下のようなトピックについて語られています。

  • スプレッドシートによるテストケース管理の限界
  • テスト管理ツール検討の経緯
  • TestRail導入の決め手
  • TestRailを導入して改善されたこと
  • 今後の展望

テスト管理ツールの導入およびリプレースをご検討の方やテスト管理ツール導入のメリットが気になっている方など、ご参考になる内容となっておりますので、是非ご一読ください。

TestRail クラウドの利用者、増えてます

TestRail のホスティングサービス、TestRail クラウドを提供しています。

1か月間、無償でご利用になれます。

ぜひ、この機会にテストの生産性向上を TestRail クラウドでお試しください。

 詳細はこちら 

タイトルとURLをコピーしました