ソフトウェアテスト

TestRailハイライト

日本電子による事例紹介:フリーツールとTestRailを利用して見えたテスト管理のベストプラクティス!

本ページは2021年9月10日に開催したオンラインセミナー「フリーツールとTestRailを利用して見えたテスト管理のベストプラクティス! 世界最高クラスの理化学機器開発を支えるテスト技術をご紹介」の講演に関する記事となります。
TestRailハイライト

属人性の高いスプレッドシートからTestRailへ移行したbitFlyerのインタビュー

テスト管理ツールの導入およびリプレースをご検討の方やテスト管理ツール導入のメリットが気になっている方など、ご参考になる内容となっておりますので、是非ご一読ください。
ソフトウェアテスト

ソフトウェアテストにおける欠陥クラスターとの戦い

ソフトウェアに潜む欠陥は特定の領域に集中している傾向があります。欠陥が集中している「欠陥クラスター」を特定することで、テスターは効率的かつ効果的にソフトウェアテストを進めることができます。本記事では、欠陥クラスターの見つけ方やアプローチ方法をご紹介します。
UIテスト

机上テスト、継続的テスト、その中間のすべて: さまざまなテストをどれくらい自動化するべきか

テスト自動化は取り組むべき事項ですが、自動化する価値のあるテストが存在する一方で人間の判断が必要、または人間の方が効率的に実施できるテストも存在します。本記事では、手動と自動の強みを合わせたテストによって完全なテストを実現するために、検討するべき事をご紹介しています。
TestRailハイライト

TestRailとmabl, backlog, slackを連携させてみた

TestRailとmabl(自動テスト), backlog(タスク管理), slack(チャットツール)を連携させた例をご紹介します。連携する際に利用した各ツールのインターフェイスやコードの例も記載していますので連携の参考にしてください。
ソフトウェアテスト

ソフトウェアおよびシステムテストにとって最も重要なツールとは

ソフトウェア開発の現場にツールを導入してみたものの「役に立たない」ツールであると判断されて、利用されなくなったことはありませんか。本記事では、ツールを導入するためにおさえておくべきポイントと一番必要なツールについてご紹介します。
ソフトウェアテスト

オールド・テストの死は必然

チームが顧客の本当のニーズに応えるには、ソフトウェアテストへのアプローチを見直す必要があるかもしれません。本記事では新しいアプローチの1つとしてチームの中に「会話」を取り入れ、互いに協力しながらチームが実現するべきビジョンを連携するメリットをご紹介します。
UIテスト

エンドツーエンドテスト: 救いへの道か破滅への道か?

エンドツーエンド(E2E)テストはとても有益なテストですが、E2Eテストを重要視してしまうあまり効果的に実施できず品質の問題やデリバリーの遅れに繋がることもあります。本記事では、E2Eテストが複雑化する例とともに複雑さを解決する方法を説明します。
アジャイル

チーム全体の品質とテスト

この記事はPeter G Walenによるゲスト投稿です。 チーム全体の品質 (Whole Team Quality) の概念が知られるようになってからというもの、この言葉が何を意味するかについて華々しいことを言う人たちはた...
ソフトウェアテスト

テストとチェックのパートナーシップ

テスト自動化の取り組みにおいてROIを獲得する最良の方法とは何でしょうか。それは、テスト自動化スクリプトによるチェックと人間によるテストを組合せることです。本記事では、チェックとテストの最適なバランスをご紹介します。
TestRailハイライト

TestRailクラウド、はじめます

TestRail日本語版のクラウドサービスを2021年4月1日から開始いたします。 この記事では、TestRailの概要やTestRailが使われる理由を紹介します。プレオープン申し込みのリンクも記載していますので、ぜひご参照ください。
アジャイル

開発者とテスターのコラボレーション: 方法と理由

開発者、テスター、データベースエキスパートなど専門分野の異なるメンバー同士がともに作業をすることで得られるメリットとは何でしょうか。本記事では、モブプログラミングを例に分野を超えて共同で作業することのメリットについて紹介をします。

TestRail クラウドの利用者、増えてます

TestRail のホスティングサービス、TestRail クラウドを提供しています。

1か月間、無償でご利用になれます。

ぜひ、この機会にテストの生産性向上を TestRail クラウドでお試しください。

 詳細はこちら 

タイトルとURLをコピーしました